脱毛の基礎知識

ムダ毛の自己処理について

自己処理はこんなに危険!

自己処理は手間や時間がかかるだけでなく、剃り跡が目立ったり、肌を傷つけたり炎症を起こしたりと様々なトラブルを起こす危険性があります。

危険な方法 その1 毛抜きで抜く

毛根から抜いてしまうため、表面上はキレイになったように見えます。
ただし、肌の中には毛根部は残っているので、また生えてきます。
また、1本1本抜いていくのはとても手間がかかります。
うまく引き抜けないと、肌の中に毛が残って、埋もれたり(埋没毛)、毛穴周囲が盛り上がってブツブツと鳥肌のような状態になってしまいます。
さらに、埋没毛が気になって、毛抜きで無理矢理抜こうとすると、周囲の肌を傷つけることに。
ひどい場合は毛嚢炎を起こしたり、毛穴周辺に色素沈着が起こることもあります。

危険な方法 その2 カミソリで剃る

時間もかからず、一気に大量の毛を処理できるため、多くの女性が使っている方法です。
ただし、キレイに見えるのは一時的な効果であって、必ずまた毛は生えてきます。
また、剃るということは、一緒に皮膚表面も削り取っているため、カミソリ負けや炎症を引き起こし、肌の黒ずみや色素沈着の原因になることも。
とくにお風呂場に置いてあって、錆びたり、雑菌が繁殖したカミソリを使うと、毛穴から雑菌が入り込み、毛嚢炎などを起こす可能性もあります。

危険な方法 その3 脱毛クリーム・ムースで溶かす

毛の成分であるタンパク質を溶かす成分が配合されたクリームやムースを肌に塗り、しばらく放置した後に洗い流すという方法です。
実は、肌もタンパク質でできているため肌表面も溶かすことになり、かぶれやアレルギーを起こす原因にもなります。
毛根がなくなるわけではないので、すぐにまた毛は生えてきます。

毛の仕組み

毛には、肌の表面に出ている部分と埋まっている部分があります。
広島中央クリニックの脱毛は、レーザーによって肌の中の毛乳頭の働きを抑え、ムダ毛が生えてこないようにする方法です。

毛の仕組み 全体図
毛の仕組み 毛幹 肌の表面から出ている部分。普段「毛」として見ているのがこの毛幹です。
毛の仕組み 毛根 肌の中にあって見えない部分。毛幹の延長した部分で構造は同じものです。
毛の仕組み 毛球 毛根の最下部にある部分。球状に膨らんでいるので毛球と呼ばれています。
毛の仕組み 毛乳頭 毛根の底のくぼみの部分。神経や毛細血管が集中しており、毛の成長に必要な栄養素を取り入れます。いくら毛を剃ったり抜いたりしても、この毛乳頭の働きを抑えない限り毛は再び生えてきます。
毛の仕組み 毛母細胞 毛乳頭の上の部分。毛乳頭から送られる栄養をもとに、毛母細胞が分裂することで毛が成長します。
毛の仕組み 毛包 毛根と毛球部を覆っている組織。「上部毛包」「中部毛包」「下部毛包」の3つに分かれます。
毛の仕組み 毛孔 毛が皮膚の表面に出てくる箇所。普段「毛穴」と呼んでいる箇所のことです。

毛周期について

毛周期とは、発毛と脱毛のサイクルのことです。
部位によってそのサイクルの長さは異なりますが、毛が生えて育っていき、生え変わるまでのメカニズムは以下のようになっています。

毛周期 成長初期
毛周期 成長初期

新しい毛が皮膚の浅い部分で発生して、これから成長しようとする時期です。

毛周期 成長期1
毛周期 成長期1

毛母細胞の分裂がはじまり新しい毛球がつくられ、体毛が伸びていきます。

毛周期 成長期2
毛周期 成長期2

体毛は毛穴から皮膚表面に出て、毛乳頭が皮下組織から栄養を吸収しながら成長していきます。

毛周期 退行期
毛周期 退行期

毛母細胞の分裂が止まって、抜けるための準備をします。毛根が上に押し上げられて毛乳頭が毛球部から離れます。毛球部は萎縮していきます。

毛周期 休止期
毛周期 休止期

毛乳頭と毛が離れて、毛乳頭は休眠している状態です。毛は成長していないので伸びることはなく、自然と抜け落ちます。

基本的に光脱毛は、皮膚の中に毛がなければ行っても意味がありません。毛が成長初期~成長期の段階で施術を行っていくのが理想ですが、退行期や休止期になっている毛も確実に存在しています。これらが成長期になった頃に再び照射していく必要があります。これを繰り返していきます。


受付フリーダイヤル 0120-088-430メール相談
メール予約

美容整形外科広島ひげなどのメンズ脱毛はこちらへ福岡脱毛鹿児島脱毛